子供部屋の「すのこマット」をベッドにリメイク!〈小野家〉

2018.04.25

子供部屋小野家ベッド

こんにちは!小野です。

 

以前にラブリコと有孔ボードを使って、子供部屋を長男と次男のスペースに分けたのですが、

 

 

ラブリコと有孔ボードで、子供部屋を二分割DIY〈小野家〉

 

写真に写っている長男は、寝る際にこちらの「すのこマット」に布団を敷いて寝てました。

 

 

折りたためる「すのこマット」なので、持ち運びはできるのですが、冬場は毛布や布団などかなりの重量になります。

そして毎日の掃除の融通が効かないのが悩みでした。

 

そこで、ベッドのようにいつでも寝られる状態&お掃除ができる状態にしたいなと、

すのこマットをリメイクしてみることにしました。

 

ポイントは、高さをつけてベッド下をワイパー掃除ができるようにすることと

移動しやすいようにキャスターをつけること。

 

これらをハマート薊野店のイエリノスタッフさんに相談して、

今回は2×4材を脚に使用してみることに。

 

〈材料〉

・2×4 材 1000cm   3 本

・すのこマット

・キャスター6個(2つはキャスターつき)

 

まず、最初に2×4材にキャスターを設置していきます。

3本の隅にそれぞれ1つずつ計6個打ち込んでいきます。

 

 

キャスターはこのタイプにしてみました。ストッパーもついています。

 

 

2×4 材に最初に下穴をあけてから、キャスターを取り付けました。

 

これをすのこに設置していきます。

 

 

2☓4材の厚さがあるので、ビスが長く、そのまま打ち込むのはかなり難しいので、

こちらもまずは下穴をあけてからビスを打ち込みました。

 

 

はい、全て装着できましたので完成です!

 

 

表面からはわかりにくいですが、高さができて立派なベッドになりました。

 

 

〈Before〉

 

〈After〉

 

実際にお布団をのせて見るとこんな感じ!

 

 

高さができたので、ベッドのように普段から下の空間のお掃除が可能に。

キャスターがついたので、移動の問題も解消!

 

 

もともと半分で折りたためるタイプだったので、すのこだけのときは

画像のように↓真っ二つに折り曲がり、しっかりワイパーがけも簡単です。

 

 

不便していたものがDIYによって、解消されました!

まさに、DIYの醍醐味ですね!