簡単!面白い!大変身!スツールを塗ってリメイク③パリパリベース編

2018.03.22

塗料ミルクペイント小野家バリバリベースハマート薊野店組み立てスツールキット

サカモトです。

 

組み立てスツールを塗ってリメイク第3弾!

 

こちらがハマート薊野店で購入できるスツールキット。ビスも付属。

打ち込む下穴も最初からあいているすごいキットです。

 

 

前回までは、カラースプレーや、ザラザラベースを使ってきました。

 

今回は、ひび割れ風に仕上げたいので、「パリパリベース」(前回の②で使ったのはザラザラベース)を使用!

その他、「ミルクペイントforガーデンのマスタード」「The Rose Garden Color’s のジャコビアン」を使います。

 

 

パリパリベースは前に自宅の子供部屋のDIYの際も使用したことがあります。

 

子供部屋大改造③ラブリコで仕切りを作って、姉弟それぞれのお部屋が誕生!〈坂本家〉

 

ちなみに、スツールDIYで使用した塗料はすべてハマート薊野店で揃えました。

(デコボコベースというのもありました)

 

 

それでは、作業開始。

まずは、脚部分と座面の両方を、The Rose garden Color’sのジャコビアンで塗りました。刷毛で一回塗りです。

木目がしっかり浮き出てきています。これだけで雰囲気が全然違います。

 

 

乾いたら、脚部分は重ね塗り。まず、「パリパリベース」を塗ります。

無色透明の糊のような感じ。粘りがあるので、塗りにくいですが、しっかりと塗りましょう。

 

 

全体に塗り終えたら、数分後に(すぐでもOK)「ミルクペイントforガーデンのマスタード」を塗ります。

 

この時点で、パリパリベースは乾いてませんが塗って大丈夫です。

 

 

パリパリベースが乾く際、糊の様に縮みます。

この時、上に塗っている塗料(マスタード)も一緒に縮むので、ベースの色(ジャコビアン)が出てくるんです!

(すごーい!)

 

 

このパリパリベースは他の塗料に比べて乾くのに時間がかかるので、時間に余裕をみてくださいね。

 

塗料が完全に乾いたら、組み立てます。

 

 

やっぱりキットだから、組み立てが楽~♪

すでにあいている穴に、付属のビスを打ち込んで、はい完成♪♪

 

 

 

どうですか!?

パリパリベースの糊が縮んで剥げて、下から下地のジャコビアンが浮き出ていますね!

キリン柄みたいでかっこいい‼

 

これまで作った3脚とも並べてみました♪

 

 

どれも個性的で、大満足\(^^)/

 

 

色だけでなく、塗料の種類を変えるとまた違った感じに。

 

 

簡単で楽しくて、そして自分好みに仕上げられる「塗るDIY」

ぜひ、お試しください!