ボロボロのスツールがウレタンマットとBRIWAXで生まれ変わりました〈小野家〉

2018.06.06

塗料ブライワックスタッカー小野家椅子

こんにちは!小野です。

 

今回は、我が家でもう何年も活躍してくれているボロボロのスツールをリメイクしたいと思います。

 

 

この手前の二つのスツール。かなり年季入っています。

届かない場所を掃除するとき、突っ張り棒を設置するとき、時計の電池交換、洗濯物を干すとき、

サイドテーブルとして、一休みするとき、パソコンするとき、、、もうどれくらい活躍してきてくれたことか。

私の大事な相棒です。

 

まずは、無塗装でカッサカサ、若干シミのようなものもあったりしているので、アンティークのつやを補給!

 

 

BRIWAX ジャコビアンをなじませてあげます。

 

 

塗ってるそばから、生き返っていく〜

随分命が蘇ってきました。

 

 

完全に乾き切ったら、前回のベンチ作りで少しだけ余っていたウレタンマットを使い切ります♪

このウレタンマット、ハマート薊野店でとても安価に手に入る優れものです。

 

サイズも40、45cm角と二種類揃っていますよ。

スツールのサイズに合わせてカットしました。

 

 

使わなくなったクッションカバーの布を再利用します。

 

 

ここで大活躍してくれるのが『タッカー』です。

 

 

タッカーできつめに固定していきます。

ギリギリのラインまで余分な布はハサミでカットして、マイナスドライバーで隠してみました。

 

 

はい、あっという間に完成です♪

 

 

〈Before〉

 

〈After〉

 

しょっちゅう座っていた子供達も、クッションがついたことで段違いの座り心地にびっくり!

ウレタンと塗料で、非常に安価で簡単なリメイクとなりました。

 

これからも末長く大切にしていきたいと思います。

もう一つはどんな柄の布でリメイクしてみようかな♪