モンステラを挿し木にして増やそう!〈坂本家〉

2017.12.13

インテリアガーデニング坂本家

坂本です。

 

リビングを観葉植物でいっぱいにしたい!

グリーンでいっぱいのインテリア。憧れますよね~♪

 

でも、

「観葉植物ってけっこう高いし、、。」

「何を置いてもすぐ枯れちゃう。」

 

そんな方も多いと思います。

 

なので、今回は自分で増やす方法【挿し木】をご紹介します!

 

種類は初心者の方でも育てやすい、「モンステラ」です。

 

モンステラはグローブみたいな形の植物です。

南国の雰囲気があり、カフェやインテリアショップなんかにも

よく飾られているので、見たことある方も多いのでは?

 

まずはその育てやすさ。

水やりは頻繁にする必要がなく、土の表面が乾いたらあげるくらいでオッケー。

 

室内の風通しのいい場所に置きます。

日当たりがいい場所がベストですが、北の部屋でも問題なく育ちます。

夏のきつい日差しに直接あてると、葉が真っ黒になってしまうので、注意!

薄カーテン越しがいいでしょう。

 

我が家のモンステラは、以前友人宅にあったものを譲り受けたもの。

一年前に、我が家にやって来たときはこんな状態でした。。。

 

まるでジャングル(笑)友人も手放す訳ですね~(°▽°)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを株分けして、挿し木に。

こんなに増やしました。まるで植物園~♪

 

 

そして、現在の写真。

 

 

一年経ち、葉が4枚に増えてきました。

 

 

全体のバランスからいうと、プランターもこのままでは小さいですね。

 

 

このように、葉が四枚位に増えたら、植え替えのサインです。

 

今回も植え替えのついでに、株分けして挿し木にします♪

 

植え替えや挿し木は春から秋にかけてがいい時期だそうです。

その中でも、7月から9月が一番ベストだそうです。(今は8月です♪)

 

 

では、やってみます。

 

まず、鉢からモンステラを出します。

古い土は取り除きましょう。

 

 

よく見ると、根っことは別に太い茶色い根のようなものが出ています。

これは、「気根」といい、苗が倒れないように、支える働きをします。

なので、この気根は残すように、カットしましょう。

 

例えば苗を2本に増やしたい場合、気根が二本あれば、一本ずつ残るようにカットします。

カットの仕方!これが一番大事ですね!

 

 

今回は気根が1本だけ出ていたので、

気根を残す方に葉っぱを二枚つけ、気根がない葉には根っこを多めに残しました。

 

 

三本になりました。

 

こちらは、別のモンステラ。

 

 

こちらも、気根が一本だったので、葉を3枚残す方に気根をつけるようにカット。

気根がないほうには、根っこを残しました。

 

 

二本になりました。

長くなりすぎた根っこは、少しだけカット。

 

 

 

あとは植え替えの時と同じ手順で植えていきます。

 

 

安定が悪く、モンステラが倒れてしまう場合は支柱をたてるといいでしょう。

 

二株からこんなに増えました♪

 

 

仕上げにお水をたっぷりあげましょう。

たったこれだけ?

枯れたりしない?

と心配ですか~本当に、これだけで大丈夫です♪♪

 

いかがでしたか?

こんな風に増やしていけば、グリーンに囲まれた生活が出来ますね(^o^)