欲しかった塊根植物。アデニウム・サングラットサミー〈坂本家〉

2017.10.26

マルニガーデンインテリアガーデニング坂本家

こんにちは、サカモトです。

 

先日、マルニガーデンで以前から気になっていた植物を購入してきました。

 

 

変わった形のこちらは、

「アデニウム」という、キョウチクトウ科の植物です。

 

南アフリカやアラビア半島などが原産。

根が肥大していることから、塊根植物といわれます。

 

この塊根植物。根が大きい物になると、何万円もする高価な物も。。

(私も時間をかけてそこまで育ててみたいな~)

 

 

アデニウムにも種類がいくつかありますが、

私のはアデニウム、サングラットサミーという種類です。

 

 

後ろから見ると、根がお尻みたいな形でかわいかったのでこの子にしました♪

 

 

子供たちからは、「おしりちゃん」と呼ばれていま~す。

 

 

育て方は、春から秋にかけては屋外で日光によく当てます。

水は3日に一度程、土が乾いたらたっぷりと。

生育期に日光に当てていないと、ハダニやカイガラムシなどのつく原因になります。

 

暑さには比較的強いのですが、逆に寒さには弱いので、

秋を過ぎて、葉が全て落ちたら、10℃から7℃位ある部屋の中で管理します。

休眠期は水はストップします。

休眠期に水をあげてしまうと、春になって根腐りをおこす原因に。

日光がよく当たる窓際におきますが、片側だけに日が当たらないように、三日に一度向きを変えてあげるといいです。

 

 

 

もうすぐ冬。休眠期に名前を忘れられないよう、名札をつけてもらった「おしりちゃん」。

 

また休眠期が終わって、葉が出てきたらご報告しますね(^-^)