ドラセナの植え替え&オシャレ度もアップ〈坂本家〉

2017.09.07

植物鉢マルニガーデンインテリアガーデニング坂本家植え替え

こんにちは、坂本です。

 

我が家のリビングには観葉植物がいくつかあります。

 

そのなかのひとつ。

引越しのお祝いに頂いた「ドラセナ・コンシンネ」。

 

最初は両手に収まる位のサイズだったんですが、一年半でこんなに成長しました。

 

 

以前、一度植え替えをしましたが、また大きくなって、この鉢では窮屈そう(..)

鉢が小さくなったせいか、葉もあまり増えていない気がします。

水を注いでも、受け皿に水が落ちてこないようなら、植え替えのタイミングのよう。

 

植え替えをすべく、

プランターを探しに、マルニガーデンへ。

 

プランターコーナーには大きなサイズのプランターもたくさん置いてありました。

 

 

植え替えをするときは、今の鉢より一回り大きいサイズにかえるといいので、

合ったサイズの鉢と、それに合わせて受け皿を選びました。

 

室内に置くので、軽くて移動しやすいプラスチックのプランターがいいですね。

 

植え替えするときには、土も新しいものと交換しないといけないので、

観葉植物の土も購入。

 

 

バーミキュライトや、栄養成分がすでに、バランスよく配合されているので、そのまま使えます。

 

あと、鉢が大きくなるので、鉢底石も追加で買っておいた方がいいです。

我が家は、自宅に残りがあるので、それを使います。

今は、ネット入りタイプもあります。使いやすい方を選んでくださいね。

 

早速、植え替えを始めます。

 

 

鉢に鉢底ネットを敷いて、そこにネットが隠れるくらい鉢底石を入れます。

 

 

鉢の三分の一位まで土をいれます。

 

小さくなった鉢からドラセナを出します。

鉢を裏返すと、、、

根が底からはみ出しています!

これも植え替えのサイン。

 

 

土が固まって出てこないときは、鉢を横から叩くようにして出します。

 

 

古い土は取り除き、絡まっている根はやさしくほどいてください。

傷んだ根はハサミでカットします。

 

根についた土はある程度まではたくようにして、軽くとってください。

このとき、根についている土を少し残します。

 

このとき、私は土を取りすぎました(*_*)

 

 

鉢に入れて、上から土をいれます。

 

出来ました!

 

 

植え替えあとは、たーっぷりお水をあげてくださいね♪

 

でも、

このままでは葉の形が何だかバランスが悪いので、、。

葉を剪定します。

 

剪定することで、形を整えることももちろんですが、

それ以外にも葉の数が減れば、新しい葉に栄養も回ります。

風通しがよくなれば、葉全体に日光も当たり、虫もつきにくくなるメリットがあります。

 

では、下の葉から順番に手でとっていきます。

パキ、パキと簡単に折れるので、簡単です。

 

 

これくらいで、いいかな~(^^)

 

 

前より根元がスッキリしました。

これで、新しい葉もたくさん生えてくると思います。

 

仕上げに、使っていなかったランドリーバックをプランターカバーにしました。

ランドリーバックは中が撥水加工されているので、多少水がかかっても大丈夫(^^)

 

植え替え前より、存在感アップ~

 

 

帰宅した夫が、「新しい木が増えてる!」と(笑)

私→「植え替えしただけだから!」

 

皆さんのお家にある植物もそろそろ植え替えの時期ではありませんか?

 

植え替え時に、プランターやプランターカバーもかえて、模様替えもしてみませんか~(^-^)