超簡単!ラバーコーティングスプレーで古びたスタンドライトをリメイク!〈小野家〉

2018.08.06

塗料小野家ハマート薊野店

こんにちは!小野です。

 

今回は、夫が学生時代に使用していたスタンドライトをリメイクしたいと思います。

寝室で本を読むときのライトが欲しいなと話していたところ、

先日夫が、実家に帰った時にいいもの見つけたと持って帰ってきてくれたライトです。

 

 

少し色あせて古びているので、思い出のライトに命を吹き込んでみたいと思います。

 

今回使用するのはこれ!

ラバーコーティングスプレー「FLEXiDIP」(マットブラック)です。

 

 

いろいろな素材をゴム素材で強力に保護します。

乾燥後、剥がすこともできるので身近なものを手軽にイメージチェンジできるんです。

このライトは夫が学生時代を共にした思い出の品なので、剥がせると安心して挑戦できます。

工具などの持ち手に塗れば、滑り止め機能を発揮してくれる優れもの。

 

[材料]

・スタンドライト

・FLEXiDIP (マットブラック)

・新聞紙

・塗装したくない部分をガードするマスキングテープなど

 

それでは早速作業開始です。

 

 

①塗装したくない部分をマスキングテープなどでガードする

使用したのはハマート薊野店で購入したFLEXiDIP (マットブラック)

簡単で使い勝手が良く、中身はかなり入っています。

 

②全体にまんべんなくスプレーする。

 

 

作業はこれで終わり!!

〈point.1〉スプレーを行う際は基本屋外で。どうしても室内塗装になってしまう場合は

必ず窓を開けて風通しをよくして行ってください。

 

今回は、乾いた後でもう一度塗ってみました。

 

 

〈point.2〉スプレーの種類にもよりますが、あまり近くから噴射すると泡がついてしまうので、

離れたところから軽〜くスプレーすると綺麗に染まります。 乾かすと、完成!!

塗りたての時はツヤツヤですが、このスプレーはつや消しタイプなので乾燥するといい感じにマット感が残ります。

 

今回は、マスキングテープを使用して塗ってない部分をつくって、少しツートンにしてみました♪

 

 

[before]

 

 

[after]

 

 

古びたスタンドライトに命が吹き込まれました。

 

 

夫にとっては実家を離れてからなので十数年ぶりに使用することになったスタンドライト、

これからも大事にしていきたいと思います。