おすすめ塗料③ターナー・ミルクペイントシリーズ「アンティークメディウム」編<小松家>

2018.06.13

塗料ハーブベランダカーデニングミルクペイント小松家アンティークメディウム植物マルチプライマー

こんにちは、コマツです♪

 

おすすめ塗料紹介シリーズ第3弾!

 

VOL.3/ターナー・ミルクペイントシリーズ「アンティークメディウム」

 

 

ターナーシリーズの「メディウム」とは塗料を塗った後に

さらに古びた風合いに見せるために、重ねて塗ることができる塗料です。

 

アンティークメディウムはブラウンの塗料で

汚しをつけることで、味のある年代物のような雰囲気に仕上げたい時に使えます。

 

ダストメディウムを塗った時と同じようなリメイク缶(リメ缶)を作っていきます!

関連記事:

 

 

まずは「マルチプライマー」を塗ります。

金属やガラス、プラスチックを塗る時には下地にプライマーを塗ることで

塗料の密着性を向上させます

 

 

透明の塗料なのであまり塗っている感じはしませんが

これが乾くまで待ちましょう

 

 

プライマーが乾いた後、ミルクペイントfor Gardenシリーズの

ミモザイエローとカントリーオリーブを塗りました

 

 

きちんとマルチプライマーを下塗りしているので

スポンジでトントンと叩きながら塗るときちんと色がのりました

 

 

これが乾いたら、いよいよ今回の主役『アンティークメディウム』の出番です!

まるでチョコレートのようなトロッとした塗料です

 

 

スポンジでサーサーとなでるよに塗ると色の濃度を調整できます。

最初は少し色づく程度に薄く塗り、全体の汚れ具合を確かめながら塗っていくと良いと思います

さて、どうなったかと言うと…

 

[before]

 

 

[after]

 

 

かなり汚れた印象に!!笑( *´艸`)

この時点では好みが分かれそうなところではありますが(笑)

でも意外とこの汚れた感じによって植物と合わせると、植物が引き立つのです!

 

私はこの缶の底に目打ちやきりなどで穴を空けてプランターにリメイク!

 

 

ブリコで小さなお花の苗を見つけたので植えてみました♪

汚れた地味なリメ缶+かわいらしいお花のギャップが私好みです

 

 

ベランダガーデンのルッコラが大きくなってきたので収穫して

今晩のサラダ用に普通に水に挿してみたり♪

(こちらのリメ缶は穴を空けていません)

 

 

アンティークメディウムを塗ると華やかさは決してないのですが

グリーンを引き立たせてくれるのでジャンクのガーデンを目指したい方にぴったり♪

 

 

もちろん金属だけでなく、木材にも塗ることができるので

汚れたアンティークな印象を作りたい時に使用できますよ

是非試してみてくださいね♪