おすすめ塗料①ターナー「アイアンペイント」編〈小松家〉

2018.06.08

塗料アイアンペイント小松家ハマート薊野店マルチプライマー

こんにちは、コマツです

 

今回は、おすすめの塗料をご紹介します!

 

VOL.1/ターナー「アイアンペイント」

 

 

このアイアンペイントは、塗るだけで金属のような質感を表現できるという魔法のような水性塗料です♪

 

用途は

・屋内木部

・金属

・硬質塩ビパイプ

・プラスチック です。

 

また、カラーは全部で6種類あります

・アイアンブラック

・アイアンブラウン

・アンティークゴールド

・アンティークシルバー

・アンティークブロンズ

・ライトゴールド

 

 

私は今回、頂き物のお菓子やお煎餅などが入っていたこの大きな缶をリメイクして再利用できないかと思い

アイアンペイントを塗ってみることにしました!

 

 

金属やガラスなどの場合は下塗りとして「マルチプライマー」を使用します。

やはりこの下地処理をするかしないかで塗料ののり方や持ちが違います。

 

アイアンペイント用のマルチプライマーもありますが、ひとまずおうちにあった

ミルクペイントシリーズのマルチプライマーを塗りました

 

 

プライマー塗料が乾いたら、アイアンペイントをよく振ってから蓋を開けます

 

カラーは、アンティークゴールド

 

 

ドロッとした濃厚な塗料です(塗りにくい場合は水で0~5%程度薄めても良いそうです)

 

 

塗る際は、スポンジや刷毛を使うと良いですね

小さい面積を塗るだけの場合は、スポンジを細かく切って塗ると刷毛を洗う手間などが省けますよ(^^♪

 

 

スポンジを軽くトントンと叩くように塗ると塗料がのります

 

 

蓋の上半分はトントンとスポンジを叩きながら塗った部分。

下半分はなでるように塗った部分です。

違いは明らかですね!

 

 

一度全体を塗って乾いたら、もう一度同じように2度塗りします。

すると2回目の方が塗料ののりもよく、金属部分が隠れました

 

 

入れるものは決めていなかったですが、中は塗らずにおいておくことにしました

 

 

穴を空けてビスを通し、取っ手や飾りもつけてみました

 

 

偶然ですが、缶の中にアイアンペイント6種類が全てがすっぽり収まりました( *´艸`)

 

 

以前、塩ビパイプとアイアンペイント(アンティークブラック+アンティークブラウン)

を使ってデスクスタンドを作ったことがあります。

<関連記事:塩ビパイプを使って、アイアン調デスクスタンドを作ってみた!〈小松家〉

 

塩ビパイプがまるで重厚なパイプに早変わりするんです!

色を比べるためにそれぞれ塗ってみましたよ♪

 

[本来の塩ビパイプ]

 

 

[アイアンペイントを塗った後]

 

 

全色揃うととても綺麗です♪

 

 

それぞれに色の特徴があって何にどの色を塗るか考えるのもワクワクしそうです( *´艸`)

 

塩ビパイプに塗る場合はプライマーなどの下地処理は絶対的に必要ではないようです。

ただ使う用途によってはプライマーを塗ってからアイアンペイントを

しておくと安心かもしれませんね。

また刷毛やスポンジでトントンと叩きながら塗るのは鉄則のようです。

 

色々なものを簡単な方法で金属のような質感に変えてしまうことができる

アイアンペイントはDIYにとっても便利で、ぜひおすすめです!

是非使ってみてくださいね♪