玄関のデッドスペースに飾り棚を設置!〈小野家〉

2018.02.06

玄関ブライワックス小野家針葉樹合板突っ張り棒

こんにちは!小野です。

 

以前DIYメンバーの長野さんにマスキングテープを貼ってもらったで

生まれ変わった我が家の玄関スペース。

 

玄関の壁面をマスキングテープでイメチェン!〈小野家〉

 

このままでもお気に入りスペースですが、上の空間を持て余している感じがしたので

余っている端材で飾り棚を作ってみることにしました。

 

 

この飾り棚、先日我が家のトイレにも作ったのですが、とても簡単すぎてお気に入りなのでぜひ、おすすめです。

 

マスキングテープと端材棚でトイレをイメチェン〈小野家〉

 

それでは、作業、スタート!

 

〈材料〉

長さを合わせた針葉樹合板 天板用 1枚

長さを合わせた針葉樹合板 側面用 1枚

塗料(BRIWAXのジャコビアン)

ボンド

突っ張り棒 2本

飾り釘 (お好みで)

 

玄関の幅に合わせてカットした針葉樹合板を2枚、BRIWAXのジャコビアンで色付けします。

この、細い板は、突っ張り棒を隠す大切な役割を果たしてくれます。

 

 

まずは、塗装が乾いたら、ボンドで側面を塗ります。

 

 

しっかり固定した後、飾りのようなものですが、金色の華奢な釘を打ち込んでみます。

 

 

はい!棚部分の完成です。本当に簡単に出来てしまいます。

 

 

ボンドがしっかりと乾いたら、突っ張り棒を設置し、

その上に棚板を乗せます。

この時、細い側面板がしっかり突っ張り棒を隠してくれるんです。

 

 

早速、飾り棚に色々飾ってみます。

 

〈Before〉

 

 

〈After〉

 

上の寂しいデッドスペースが解消されました!

ジャコビアンのカラーもいい感じで合ってます。

 

今回は、ほぼ家にある材料でできたので安価で済みました。

突っ張り棒を活かした棚板設置は作業も簡単でおすすめです!