ポットスタンド(鍋敷)作り

2017.01.23

雑貨/クラフトハマート薊野店

こんにちはフジモトです♪

 

先日、ハマート薊野店さんで

どうしても知りたかったタイルの貼り方が学べる

「ポットスタンド作り」ワークショップ

に参加してきました♪

 

家のカウンターにタイルを貼りたいと思いタイルを購入して3年半

勇気が出ず貼れずにいるのです・・・

 

さて、さっそく始まりました♪

 

 

材料は

・準備してくれていた木製の土台

・コンクリート用接着材(初めて見ました)

・タイル目地材

・木枠を塗るペンタイプの塗料

道具はほとんどいりませんでした!

目地材を混ぜるビニール袋とヘラとスポンジ、水道?(笑)

家にある道具でできますよ♪

 

まずは

 

 

カラフルですよね!タイルを2色選びます♪

これは悩みます、1色のほうが簡単かな・・・?

でも、せっかくだから2色に♪

 

 

これを並べてみます。

 

 

悩みます・・・

 

 

配置が決まったら、ひとつひとつ接着剤を付けてくっつけます。

この量ですでに大変かも?

広い場所に貼るときは、やっぱりシートタイプがいいですね♪

 

 

すべてに接着剤を付けたら、少し時間を置いて乾くのを待ちます♪

その間に枠のペイントを♪

タイルにつかないようにマスキングテープを貼ります。

マスキング、沢山種類があるようで・・・

ペイントするときは色が入り込まないよう、

この青いテープがいいみたいです!

 

 

何を使ったらいいかな?っていうときは

スタッフさんに聞くのが安心です♪

マスキング出来たらペイントするのですが、

小さい場所を塗るのに便利なこんなものが!!!

 

 

ペンになってるペンキです♪ 木目が残るタイプもありますよー

フタをあけると、マニキュアのようになってるんです!

本当に便利!!!

 

 

細かいところもすいすい塗れちゃいます♪

塗ったところが乾いたら

今度は周りにマスキングをして

 

 

いよいよ目地を入れますよーーーー

入れますよーーー

 

 

目地材を適量ビニール袋に入れ、

水を少しずつ入れていきます。

そして袋の上からもみもみ♪

分量を量って混ぜるよりも固さが重要なので

耳たぶくらいになるまでもみもみします♪

白玉団子みたい~(^^♪

水分が多いと気泡ができたり、少ないと固くて詰めにくかったりします。

 

 

よく混ざったらドバっと!!タイルの上にのせます!

あとで拭き取るのでだいたんに♪

 

 

そしてヘラで隙間に入れていきます。

 

 

えい!!!指でやっちゃえ!!

ということで、しっかり隙間が埋まったら

余分な目地材を取ってから

水を含ませたスポンジで拭き取ります

 

 

ささっと拭き取ると・・・きれい!!

 

完成です!!!

 

きゃー!かわいい(*^-^*)

 

 

色が違うと全然違いますね(*^-^*)

 

ハードルが高かったタイル貼り!

タイルをひとつひとつ隙間をあけつつ貼るのは根気がいりますが

目地は粘土遊びのような感じで思っていたよりは簡単でしたよ!

 

ハマート薊野店さんにはいろんなタイルがありました!

 

 

アルファベットやお花など・・・♪

同じメーカーの同じシリーズでそろえるとタイルの高さが揃うそうです!

並べるの大変!!と思う私のような方には

シートになって目地ものせるだけの

あのシリーズあって、とっても便利。

 

家に帰って、枠の部分をちょっと歯ブラシで塗り足して

さっそくティータイム♪

 

 

目でも楽しめる癒しのティータイムになりました(*^_^*)

みなさんもなんでもかわいくオシャレになっちゃうタイル貼り。

ぜひ挑戦してくださいね。