簡単!OSB材を使って、収納もできる簡易ローテーブルの作り方

2019.03.07

テーブルOSB材ハマート薊野店アウトドアベランピングオールフタガミセレクション

 

ボックスに天板を乗せただけの簡易テーブルの作り方をご紹介します。

アウトドアやベランピング、お友達が来てテーブルを増やしたい時などに役立ちます。

 

〈材料〉

 

今回はOSB材だけを使って、収納も可能なローテーブルを作っていこうと思います。

OSB材は、配向性ストランドボード(OSB:Oriented Strand Board)の略で

「構造用パネル」とも言われています。利用しづらい低質の広葉樹を薄く削ってから乾燥させ、

接着剤とともにいくつもの層に積み重ね、高温のプレス処理を施した板材です。

 

〈作り方〉

 

まずはOSB材を以下のサイズにカットしてもらいます。

①412×300 を4枚(上・底面)※ボックス2つ分

②300×300を4枚(左右側面)※ボックス2つ分

③412×322を2枚(背面)※ボックス2つ分

④1200×600を1枚(天板用)

 

 

ボックスの形にしてビスを打っていきます。

 

 

板幅があまり広くないので、先に下穴を開けてからビスを打ってください。板が割れるのを防げます。

 

 

出来ました!

 

 

ボックスを2つ作って、

 

 

その上に天板を乗せると、完成です!

 

 

テーブルとして使わない時は、収納ボックスとしても使えます。

今回作ったサイズは、コンテナボックスを入れて引き出し収納ができるようにしています。

 

 

横に並べるとこんな感じ。

 

 

縦に並べるとこんな感じ。

 

 

ボックスのサイズを工夫すると、いろんな収納にも便利だと思います。

 

ベランピングなどの際は、ボックスをベランダに出して、天板を乗せるだけ!

 

 

逆にこれくらい簡易な方がアウトドアな感じがします。

 

 

こういったベランピングなどの際は、ボックスにティッシュを入れたり、

ブランケットなんかを入れておくこともできて便利です!

 

ぜひ、皆さんも作ってみてください!

 

〈作業場所/ハマート薊野店「Hamart DIY Lab」(レンタルスペース)〉