子どもが喜ぶティピーテントの簡易的な作り方

2019.03.08

ベランダティピーテントアウトドアベランピングオールフタガミセレクション

 

今回は家の中はもちろん、アウトドアやベランピングなどでも楽しめ、

何と言っても子供が喜ぶティピーテントをDIYで簡易的に作ってみます。

 

ティピーは元々、アメリカ原住民の人たちが使用した住居のことですが

子どもがおままごとをして遊ぶお家やテントとしてのティピーを

近年よく見かけるようになりましたね。

 

〈材料〉

・1×4材① 150×38×19㎜ 4本

・1×4材② 85×38×19㎜   3本(うち2本は両端を約70度にカットします)

・六角ボルト

・布orブランケット(今回はロゴスのブランケットを使用)

 

 

〈作り方〉

まずはティピーの柱となる部分から取り掛かります。

①の1×4材4本に、上から13㎝程度の同じ場所に、

六角ボルトが入る大きさ(約5㎜)の穴を開けておきます。

 

 

穴を開けた1×4材を2つ重ねて、六角ボルトでつなげます。

 

 

あまり強く締め付ける必要はなく、

2つの材を横へスライドさせて開く程度につなげます。

 

 

このような感じで2本できました。

 

 

次に②の1×4材をこのような形になるようビス止めして

土台部分を作ります。

 

 

斜めにカットした部分を左右にこのように置きます。

 

 

横から2本ビス止めします。

 

 

これで土台完成。

 

 

ここに、柱を取り付けていきます。

 

六角ボルトでつなげた柱部分をスライドさせて開き、土台部分の角にビスで取り付け、

 

 

反対側も同じようにつなげ、中央の頂点となる部分に柱を寄せればティピーの骨組みの完成です!

 

 

ここに、このようなブランケットや布を被せれば、

 

 

簡易的なティピーテントの完成です!

 

 

木材はバラすことができるので、例えばベランピングする際などは組み立て直し、

 

 

下にラグなどを敷いて、クッションなどを持ち込めば、子供の秘密基地!

このサイズなら小さい子供が2人入って遊べます。

 

 

そのほか、いろいろ準備したらこんな感じに!

 

 

 

ベランダでもいつもと違う特別な時間を体験できます!

 

 

布の柄を変えるとガラッと雰囲気も変わります。

ぜひ皆さんも作ってみてください!

 

〈作業場所/ハマート薊野店「Hamart DIY Lab」(レンタルスペース)〉