簡単!プレイウッドとマスキングテープを使ったキッズデスクの作り方

2019.03.07

マスキングテープハマート薊野店デスクプレイウッドアウトドアベランピングオールフタガミセレクション

 

今回はこちらの「プレイウッド」という商品を使った子供用のミニデスクの作り方をご紹介します。

 

 

プレイウッドは子どもから大人まで、誰でも簡単に楽しめるDIYアイテムです。

15~19mm厚の板と組み合わせると、デスク、シェルフ、スツールなど、お好きなサイズや形の

家具を作ることができます。そして、使う道具は六角レンチだけ、というお手軽さが大変魅力です。

 

〈材料〉

・プレイウッド(グリーン) 8個

・厚さ15㎜の合板

①左右側面 300㎜×360㎜ 2枚

②天板 300㎜×480㎜ 1枚

③背面 360㎜×480㎜ 1枚

・mt CASA FLEECE マスキングテープ(パターンドット)

 

 

まずは、カットした合板に、mt CASA FLEECEのマスキングテープ(パターンドット)を貼っていきます。

一回貼っても簡単に剥がせるので、何回でも貼り直しが可能です。

 

 

貼る際は、ブラシでやさしくなでながら空気を抜きます。

 

 

裏を向けて、合板の端を定規代わりにカッターで切るととても簡単でキレイに切れました。

 

 

柄を合わせて同じように貼っていきます。

 

 

全て貼り終えました。これだけで最初と雰囲気がまったく違います。

 

 

次は組み立て作業です。

プレイウッドのボルトを六角レンチ(5㎜)で緩めてから、

①の側面板と②の天板をプレイウッドに差し込み、レンチで再度ギュッと締めると固定されます。

 

 

③の背面板も同じ要領でプレイウッドでつなげます。

 

 

下側に取り付ける時は、上から差し込むようにプレイウッドを入れていくと楽にできます。

 

 

完成したのがこちら!

 

 

 

子どもが座ってお絵かきをしたり、おやつを食べたりするのに

ちょうど良いサイズです♪

 

 

使う道具は六角レンチだけという超お手軽DIYです!

レンチひとつで組み立て解体できるので、アウトドアでの使用もおすすめです。

 

ぜひ皆さんも作ってみてください!

 

〈作業場所/ハマート薊野店「Hamart DIY Lab」(レンタルスペース)〉