できるよ、いろいろ、生活ロール!(食材保存編)

2017.11.09

生活ロール

こんにちは、長野です。

 

生活のいろんなシーンで使えるという、

フタガミオリジナル商品の「生活ロール」の活用レポート第2弾!

 

今回は肉・魚・野菜といった食材の保存について。

 

[食材保存編]

 

特売日などに買い溜めしたお肉や魚はどんな風に保存していますか?

 

そのまま冷凍庫にという方も多いと思いますが、解凍してみると冷凍焼けしていてガッカリ…という経験も

一度はあると思います。

 

でも、

生活ロールでくるっと巻いてからジップロックに入れて冷凍すると

冷凍焼けも防げ、ドリップ吸収の役割をしてくれるので、

時間が経っても美味しくいただけます。

 

 

魚を冷凍する時は1匹ずつ生活ロールで巻いて、ジップロックに入れて冷凍します。

 

 

解凍する時はさっと水にくぐらせると、

 

 

スルっときれいに剥がせます。

 

 

野菜の傷みの原因は水分。

使いかけの野菜は生活ロールで包んで保存すると、しっかりと水分を吸収してくれるので傷みを防げます。

 

 

レタスなど特に傷みやすいサラダ用の野菜も、タッパーの中に生活ロールを敷いて保存すると

生活ロールがしっかり水分を吸収してくれるので、シャキシャキ感が長持ちします!

 

 

買ってきたお肉、魚、野菜を最後まで美味しくいただける生活ロールは

主婦の、家族の味方です!

たっぷり使える大容量なので、いろんなものを包んで保存しようと思います♪

 

 

いろいろ使える生活ロールは、2017年度グッドデザイン賞受賞商品(←すごい!)

フタガミグループのホームセンターにて期間限定での販売とのことです!

皆さん、ぜひ試してみてください!