キッチン大改造⑤キッチンカウンターテーブルを設置〈小野家〉

2018.01.21

テーブル塗料キッチンアイアンペイントインテリア小野家ハマート薊野店

こんにちは!小野です。

 

DIYの楽しさを知り始めた頃、

夫にお酒が飲めるカウンターテーブルを作ってと言われたことがありました。

 

そんなハードルの高いものと思いながらも色々な構図を考えていたのですが、

我が家は戸建て賃貸なので、カウンターに直接設置するわけにもいかないし、

折りたたみタイプにするか?それとも作り付けタイプにするか?

 

でも場所も取るし、とにかくシンプルで実用性があって

難易度は低めのカウンターテーブルを作りたいなあと、

そんなことを考えながら気がつけば数ヶ月。ようやく大体の構図が出来上がりました。

今回、DIYメンバーのみなさんとキッチン大改造をする機会に

一緒に作ってもらうことにしました。

 

早速、わが家のカウンターの幅を測ると、2m近く!

測って見ると結構あります。

 

そこで、ハマート薊野店で、天板になる板探しから。

いろんなタイプがありますが私は軽さ、薄さから

今回はパイン材を使用することにしました。

 

 

カットされている状態で販売されており、長さも1920mmなので、まあまあの長さです。

 

天板を決めたら、脚をどうするか。

そこでスタッフさんに相談します。

強度の事も考えて、スタッフさんのアドバイス通り、脚はヒノキ材に決定!

 

 

脚にはL字金具も設置する事にして、希望のサイズにカットしてもらいました。

 

それでは、早速家に帰って作業スタート!

 

[準備するもの]

◎パイン材天板

◎ヒノキ 脚4本/支え2本

◎L字金具 4個

◎天板に設置する金具 4個

◎塗料

 

 

まずは、脚の部分をヤスリで滑らかにします。

私は写真に写っている工具「電動サンダー」を使っているので

手がまったく疲れません。

 

 

脚の部分はアイアンペイント(シルバー)で、アイアンの質感を出すようにぼったり塗っていきます。

乾きも早くて扱いやすいです。

 

 

脚を乾かしている間に、ワトコオイルのミディアムウォルナットで天板を塗ります。

パイン材はヤスリなしでそのまま塗り込みました。

テーブルなので撥水効果もつけたいなと思い、油性ニスのツヤ消しクリアも塗りました。

 

 

脚が乾きました♪ ぼったり塗ったので、質感が出てきて、想像以上にいい感じです。

ぱっと見、木材に見えませんよ!

 

 

早速組み立てていきます。

脚をHの形に組み立てて、L字金具を使ってビス止めします。

 

 

あとは、天板が乾いた後に脚に取り付けるだけで

完成しました!

 

 

[before]

 

 

[after]

 

 

思った以上に手軽にできたのは、パイン材を使用したことと、

スタッフさんのアドバイス通り、脚の構造を簡単にしたのが良かったようです。

 

コンクリート風のマスキングテープを貼った壁面とも

いい感じでマッチしてます。

*関連記事 キッチン大改造④カウンター周りをマスキングテープで簡単にイメチェン!〈小野家〉

 


テーブルの天板自体の奥行きが短めなので圧迫せずに設置できます。

強度とぐらつきが不安でしたが、結合して見るとぐらつかずに使用できています。

 

脚に使用したのはヒノキ材ですが、1本1,000円未満のもの2本をカットして使用したので

予定以上に安価に出来上がりました。

 

カウンターテーブルは敷居が高いイメージでしたが、作ってみると難易度も低め!

オススメしたいと思います。