リビングDIY⑦ラブリコ×ダボレールで、壁面に収納棚を設置!〈武田家〉

2017.06.30

塗料リビングラブリコインテリアミルクペイント武田家ダボレールハマート薊野店

タケダです。

 

リビングDIYシリーズ、

続いては、壁紙を貼った壁面に

*関連記事 http://diy.futagami.co.jp/?p=5187

 

「ラブリコ」と「ダボレール」

 

を使って収納棚作りです!

 

2×4(ツーバイフォー)材と「ラブリコ」さえあれば

賃貸ルームでも壁に穴をあけずに自分好みの棚が作れます♪

 

 

早速作っていきます!

 

①塗料を塗る

 

まずは2×4材を好みの色に塗っていきます。

 

 

塗料はテレビボード作りの際に使って残っていた

「The Rose Garden Color’s」シリーズの「テック08」。

 

油性塗料ですが、以前のテレビボード作りの際に、

色を軽く付けたいという理由で水で薄めたところ、上手くいったので

今回も同じやり方で塗ります。(正しいやり方じゃないような気もしますが、、、)

 

 

塗ってみると、ほんのり色づき、少しだけ日に焼けたような色合いになりました。

 

 

1時間ほど乾かします。

 

 

②ラブリコで柱を立てる

 

塗料が乾いたら柱の上下にラブリコを装着。

簡単にはめることができます。

 

 

そのまま壁に突っ張らせて、上部のアジャスターを調整して固定します。

 

 

柱が2本できました!

 

 

③ダボレールを取り付ける

 

次はダボレールです!

「ファンシー支柱」90cmの白色

 

 

取り付けます!

水平器を使い位置を決めます。

 

 

ビスを打ち込む穴が最初から開いているので、とてもやりやすいです。

インパクトでバチッと!打ち込みます。

 

 

補助がいるととてもスムーズに出来ます。

 

もう片方の柱も同じ高さの位置に取り付けます。

 

 

④棚受けの設置

 

次は棚受けをとりつけます!

白色の棚受けを買っていたんですが、ラブリコの緑色がとても

いい色合いで、それに合わせたくなったので、

棚受けを塗料で塗ってみました!

 

Turner’s (ターナー)シリーズのミルクペイント

「ピスタチオグリーン」

 

 

乾いたら棚受けの設置へ。

作業をしてみると、ダボレールに差し込んでから、

根元をハンマーのようなもので少し叩いてきっちりはめ込む必要があることがわかりました。

 

ハンマーの準備をしていなかったため、急きょ余った2×4材を使って、トントン(^^;)

 

 

つきました!

 

 

ラブリコと棚受けの緑色がいい感じです。

 

⑤棚板を置く

 

棚板は、柱と同じ塗料で塗りました。

 

 

乾いたら、棚受けに置くだけ!

 

 

完成しました!!

 

 

ダボレールなので、置くものによって

棚受けの位置を簡単かつ自由に変えることができます♪

思っていた以上に、これは便利だと思いました!

 

 

棚ができたことで、収納や飾り棚ができただけでなく、

目線が上がり、印象が明るくなった気がします

 

[before]

 

[after]

 

賃貸のお部屋でも2×4材とラブリコがあれば、

好きなところに柱を立てることができるので、

好みの大きさで壁面収納ができます♪

 

おすすめです!