ワークレッグに古材天板を乗せた簡単作業テーブル

2019.03.07

テーブル足場板ハマート薊野店アイアン金具ワークレッグアウトドアベランピングオールフタガミセレクション

 

今回は、天板を乗せるだけで簡単に作れるテーブルの作り方をご紹介します。

 

使用するのは、こちらのmolding WORK LEG (モールディングワークレッグ)というアイテム。

テーブルの脚になる部分で、このように折り畳みができます。

 

 

脚はこんな感じで広がります。

プラスチック素材で非常に軽いので、カンタンに移動・持ち運びが可能です。

 

 

天板になるような板さえあれば、簡単に作業台やテーブルができます。

家のなかでのちょっとした作業や突然の来客の際、また、持ち運びがしやすいので

庭・ベランダでの使用やアウトドア・キャンプなどでのテーブルとしても使えます。

 

という訳でこれに乗せる天板を作って、作業テーブルにしてみます。

今回はかっこよくて、アウトドア感を出すために、天板には足場板を使用します。

 

〈材料〉

・molding WORK LEG (モールディングワークレッグ)

・足場板 3本

・アイアン金具

・ビス

 

〈作り方〉

 

こちらが足場板。使い古されたこの感じがとてもいい雰囲気です。

 

 

この3本の足場板を1つに連結させるために

COBA INDUSTRIAL WORKS(コバ インダストリアルワークス)のアイアン金具を使いました。

 

 

金具を取り付けたい位置に目印をつけて(今回は端から15cmのところ)、

 

 

金具を置いて、穴にビスを打ち込んでいきます。

 

 

両端に取り付け完了。

 

 

これをワークレッグの上に乗せると、完成!

 

 

L字型のアイアン金具を使うと、ワークレッグを引っ掛ける場所ができ、必然的に位置も決まるので

連結させる際は、こういったタイプのものがおすすめです。

 

ベランダに置いてみると、こんな感じ。外が似合います。

 

 

このワークレッグなら、脚を折り畳んでしまっておき、必要な時に取り出すことも可能です。

車に載せて持ち出して、アウトドアのシーンでも活躍してくれます。

 

作業台、パソコンデスク、テーブルなどいろんな用途に活用できると思います。

天板次第でいろんな雰囲気になりますので、皆さんもぜひ作ってみてください!

 

〈作業場所/ハマート薊野店「Hamart DIY Lab」(レンタルスペース)〉