針葉樹合板を使って、収納も工夫したパソコンデスクを作成〈小野家〉

2018.06.06

アイアンペイントブライワックス小野家針葉樹合板

こんにちは、小野です!

 

最近の我が家は家族がそれぞれ書き物や勉強、パソコン作業や調べ物をすることが増えてきたので、

家族共用の机があればいいなと思う場面が増えてきました。

 

これまでの我が家の子供達は昔から宿題はリビングでするので必要としていなかったのですが、

それならばDIYでと思い立ち、もし、使用しなくなれば他のものとして使用できることを前提に

作ってみることにしました。

 

〈材料〉

・針葉樹合板

450mm×900mm   6枚 (枠になる部分)

300mm×900mm 4枚 (中板)

300mm×350mm    1枚  (上段 区切り)

・塗料 (今回はBRIWAX ジャコビアン)

 

〈装着品〉

・アルミレール 2本 (ハマート薊野店でカット、穴あけしてもらえます)

・お好みのカゴなど

・あれば背面の板(今回は余っていた有孔ボードを使いました)

 

まず、全ての針葉樹合板にBRIWAX ジャコビアンを伸ばしていきます。

(下が塗装前、上が塗装後)

 

 

乾いたら、全ての板を同じサイズで二枚セットにしてビスで結合していきます。

 

 

それぞれの結合した板をコの字に組合わせてビス止めします。

 

 

水平器で、角度をみながら、横からビスを打って、中板を固定します。

 

 

同じ手順で、二段目も設置していきます。

ここから、ちょっと欲張りになってきます。せっかくなので収納を作ってみたくなり、

ハマート薊野店でばら売りしているこのアルミのレールを、カット、穴あけしてもらってきました。

 

 

元々はこの右側のシルバーのものなのですが、アイアンペイントの『アイアンブラック』で黒くりました。

 

 

一緒に、設置したいカゴもペイントしてアイアン風に。

 

 

めっちゃいい感じに仕上がります。

 

乾いたらレールにビスを打ち付けて固定し、ここに塗ってリメイクしたカゴを置いてみました。

レールのおかげで、このカゴは、スライド引き出しになります。

 

 

 

このカゴは、使わないときのパソコンの収納場所にしました。

 

 

完成です♪いろいろ収納もできます!

 

足元の棚は奥側2/3のみの奥行きにしているので誰が座っても足には接触しません。

新しい机、早速家族で取り合いになりました。

 

そして後日、、我が家の端材置き場で余っている有孔ボードを見つけたので、

サイズを測ってみると、なんとこの机の横幅にぴったり!

ローズガーデンの『シャルボン』というカラーで塗って、

 

 

机の背面に打ち付け設置しました。

 

 

ズームするとこんな感じです。

 

 

背面ができただけで一気にシックな雰囲気になりました。

もし、机を使わなくなれば収納つきカウンターとしても再利用できそうなので、

これから我が家で沢山活躍してもらおうと思います♪